Picpanzee logo Browse Instagram content with Picpanzee

#三渓園

Posts tagged as #三渓園 on Instagram

43.126 Posts

アキアカネ(秋茜)は、国外ではロシア、中国、朝鮮半島に、国内では小笠原諸島、沖縄県を除く日本全土に広く分布し、平地〜山地の、水田、池、沼、湿地などに生息するトンボで、幼虫(ヤゴ)は、底質が泥で、汚れた水質の環境を好みます。 鉛直方向の渡りをすることで知られており、平地で孵化した未熟な成虫は夏に涼しい山地へ移動し、成熟して秋になると平地に戻ってきます。 高温時の排熱能力が低いため、暑さに弱く、気温が30℃を超えると生存が難しくなり、これが季節的な長距離移動の原因と考えられています。 トンボが避暑するのだから、人間も避暑したい…  #アキアカネ #秋茜 #三渓園 #dragonflys #sympetrumfrequens
ノハラアザミ(野原薊)は、本州中部以北に分布し、山地の草原や林縁に生育するキク科の多年草です。 茎の上部で枝分かれし上向きに花をつけ、総苞にクモ毛があって粘らず、反り返らない規則正しい短い総苞片が特徴で、ノアザミと見分ける際のポイントです。 アザム(傷つける、驚きあきれる意)が名前の由来で、花を折ろうとすると棘に刺されて驚くからだそうです。  #ノハラアザミ #野原薊 #三渓園 #cirsiumoligophyllum #flowerphotography #instaflower
ツバメシジミ(燕小灰蝶)は、国外ではユーラシアの温帯に広く、国内では日本全土に分布し、平地の草原や公園などに生育する、シジミチョウ科の蝶です。 幼虫の草食は、シロツメクサやカラスノエンドウなどの身近なマメ科の植物なので、公園などでよく見掛けるのも納得です。 後翅にある尾状突起が、あたかもツバメの尻尾の様であるのが名前の由来です。 後翅の橙色の紋と尾状突起は、ウラナミシジミ同様、身体の方向や頭部の位置について捕食者の目を欺く効用があると思われます。 ツバメ〜もウラナミ〜も、花にとまる際、頭を下向き尾状突起と眼状紋を上向きにしてとまり、あたかも芋虫が触角を動かすさまを捕食者(鳥など)に見せるかの様に、翅を擦り合わせる動作をします。  #ツバメシジミ #燕小灰蝶 #三渓園 #butterflys #shorttailedblue #everesargiades
レイシ(霊芝)別名マンネンタケ(万年茸)は、クヌギやコナラなど広葉樹の切り株や倒木に発生する(写真は庭園内の木陰の切株から自然発生している)、マンネンタケ科の1年生のキノコで、形態は様々なものがあります。 肉質はコルク質様で、表面はニスをかけた様な光沢があります。 霊芝を原材料として「免疫力向上、癌予防・抑制」などの効能を謳う健康補助食品が販売されていますが、現時点ではヒトでの有効性については、信頼性のおける十分なデータは見当たらないそうです。 しかしながら、β-D-グルカンなどの多糖類、ガノデリン酸などのトリテルペン類を有効成分として含有するので、何らかの薬効は期待できます(カワラタケからも同じ成分を癌の免疫療法薬として抽出)が、固くて生食出来ない為、煎じたり酒に浸けて薬効成分を抽出したりして飲用します。  #レイシ #霊芝 #マンネンタケ #万年茸 #三渓園 #ganodermalucidum  #flowerphotography #instaflower
ウラナミシジミ(裏波小灰蝶)が、ミヤギノハギ(宮城野萩)の花で吸蜜中です。 同種は、国内では北海道南部以南に、国外ではアフリカ〜ユーラシア大陸〜豪州に広く分布し、日当たりの良い草原に生息するシジミチョウ科の蝶です。 翅裏の薄褐色と白色の波のような縞模様が波のよう…というのが、名前の由来です。 後翅後端の2つの黒点と2本の細い尾状突起は、複眼と触角に似ており、身体の方向や頭部の位置について捕食者の目を欺く(啄まれると致命的な頭や胴体を守り、翅の後縁を啄ませる…謂わばトカゲの尻尾切りの様な)効用があるそうです。  #ウラナミシジミ #裏波小灰蝶 #ミヤギノハギ #宮城野萩 #三渓園 #butterflys #lampidesboeticus #longtailedblue #clematisstans #flowerphotography #instaflower
台風一過、さすがに2回乗り継ぐと電車はうまく繫がらず。バスに乗り換えてようやくたどり着いたお茶会で一服。  #お茶会 #茶道 #三渓園 #横浜 #茶室
☆こだわりの極細自家製麺のお店☆  台風一過☀️ 本日ご来店お待ちしてます!  #美味しいものを食べて元気を出そう  #チャーハン #本日営業 #iphoto#foodie#yummy#ramen#honmoku#本牧#本牧通り#chineserestaurant#中国料理桃李#横浜散歩#横浜グルメ#ランチ#三渓園 #横浜中華街 近く #店前駐車場あります
おはようございます!! ・ ・ ・ 懐かしのロング時代 お姉ちゃんとおばあちゃんと行った三渓園 まだスマホじゃなかったから、お姉ちゃんが撮ってくれたのが懐かしい笑 #photography #japanesegirl #三渓園 #懐かしい写真
ナス(茄子)は、インド東部原産地説が有力で、ミャンマー〜中国を経て、奈良時代には日本で既に栽培されていた、ナス科の多年草(日本では冬越し出来ず1年草)です。 名前の由来は、実の味から「中酸実」(なかすみ)説、夏に実がなるので「夏実」(なつみ)説など、諸説ありです。 地域的な品種が多く、料理法も様々で、お盆の際の仏事用(精霊馬)や数多くの慣用句の存在など、身近な野菜のひとつです。 園内にある合掌造り民家「旧矢箆原家住宅」の庭で鉢植栽培されていました。  #ナス #茄子 #三渓園 #旧矢箆原家住宅 #solanummelongena  #flowerphotography #instaflower
オクラ(秋葵)は、アフリカ北東部(エチオピアが有力)原産で、熱帯から温帯で栽培される、アオイ科の多年草(日本では冬越し出来ず1年草)です。 若い実は、食物繊維や栄養、ミネラルなどが豊富で粘りがあり、様々に調理されて、夏〜秋の食卓に彩りを添えてくれます。 黄色に中央が赤色のトロロアオイやハマボウに似た花は大変美しいのですが、夜〜早朝に開花し、昼には萎んでしまいます。 園内にある合掌造り民家「旧矢箆原家住宅」の庭で鉢植栽培されていました。  #オクラ #秋葵 #三渓園 #旧矢箆原家住宅 #ladysfinger #abelmoschusesculentus  #flowerphotography #instaflower
ホオズキ(鬼灯)は、日本原産で、「ほおずき市」などで馴染み深いナス科の多年草です。 観賞用(ドライフラワー、鉢植等)、仏事用(死者の霊を導く提灯に見立て枝付で精霊棚に飾る)、薬用(鎮痛、堕胎、解熱等)、食用(食用ホオズキはトマト似の味・食感)など、様々な形で利用される栽培植物です。 名前の由来は、赤くふっくらした「頬」説、赤い火に着想を得た「火々」説、果実を鳴らして遊ぶ様子の「頬突き」説、「蝥」というカメムシがよく付く説など、諸説ありです。 園内にある合掌造り民家「旧矢箆原家住宅」の庭で鉢植栽培されていました。  #ホオズキ #鬼灯 #三渓園 #旧矢箆原家住宅 #chineselanternplant #physalisalkekengi  #flowerphotography #instaflower
ワタ(綿)は、世界各地の熱帯または亜熱帯地域原産で、平均気温25℃程度の高温の地で生育(栽培)する、アオイ科の多年草です。 朔果の内部の種子表面から生じる白い綿毛を繊維(木綿)として利用するために栽培しますが、塩分に強く、播種から収穫まで3〜4ヶ月間と短いので、干拓地や津波被害地などでの栽培に適しています。 園内にある合掌造り民家「旧矢箆原家住宅」の庭で鉢植栽培されていました。  #ワタ #綿 #三渓園 #旧矢箆原家住宅  #cottonplant #gossypium  #flowerphotography #instaflower
チャノキ(茶の木)は、インド、ベトナム、中国西南部あたりが原産らしいのですが詳細は不明で、茶畑での栽培のほか、野生化したものを含め、熱帯〜温帯アジアに広く分布するツバキ科の常緑低木です。 この茶の木は、茶葉採取のために植えられたのか、庭木として植栽したのかは不明ですが、茶摘みをして製茶、飲用したのでは…と想像が膨らみます。 山茶花を一回り小さくした茶の木の花は、下向きに咲き白色ということもあって、木陰では特に目立たないのですが、趣きがあって良いものです。  #チャノキ #茶の木 #三渓園 #teaplant #camelliasinensis  #flowerphotography #instaflower
アキノタムラソウ(秋の田村草)は、国内では本州〜沖縄に、国外では中国と朝鮮半島に分布し、林縁部、明るい草原、道端等に生育する、シソ科の多年草です。 山野では、この時季、1m以上の草丈になって花穂も30cm程ととても大きくなるのですが、ここの庭園では草刈で一度根元付近で刈られたようで、立浪草と間違えるくらい小さいサイズで花を咲かせていました。  #アキノタムラソウ #秋の田村草 #三渓園 #salviajaponica #flowerphotography #instaflower
Jardin interior de Sankeien  #sankeien #sankeiengarden #yokohama #三渓園 #横浜三渓園 #横浜
Antigua residencia familiar Yanohara, en jardín Sankeien de Yokohama  #sankeien #sankeiengarden #yokohama #三渓園 #横浜三渓園 #横浜
Pagoda del jardín Sankeien en Yokohama  #sankeien #sankeiengarden #pagoda #yokohama #三渓園 #横浜三渓園 #横浜
Jardín Sankeien en yokohama  #sankeien #sankeiengarden #yokohama #三渓園 #横浜三渓園 #横浜
CHAJINです。  私のテーマは、  無為自然。  迷わず活けよ、 活ければわかるさ!w。  よろしくおねがいします。  @chajin_eye  #ふたたびの秋うらら #花展 #三渓園 #待春軒 #横浜
☆こだわりの極細自家製麺のお店☆ -2019. 10. 12.(土)- 台風の影響に伴い 臨時休業とさせて頂きます  #台風19号の影響  #臨時休業 #中華鍋 #ささら #サンマー麺 #ラーメン #honmoku#本牧#本牧通り#chinecuisine  #中国料理桃李#iphoto#foodie#美味しい中華#横浜散歩#横浜グルメ#三渓園#本牧神社#横浜中華街 近く#店前駐車場あります
ノコンギク(野紺菊)ノコンギク(野紺菊)は、本州〜九州に分布し、道端、畑周辺、渓流沿いなど幅広い環境に生育する(写真は日本庭園の一画に群生する)、キク科の多年草です。 ヨメナ(嫁菜)に似ていて見分けるのが難しいのですが、葉の両面に毛が生えていて、花の下の茎が短いので、葉が無毛で花の下の茎が長いヨメナではなく、ノコンギクとしました。 ① 上方から  ②斜め上方から ③〜⑤ ホソヒラタアブ(細扁虻)と ⑥ 群生の状況  #ノコンギク #野紺菊 #ホソヒラタアブ #細扁虻 #三渓園 #astermicrocephalus  #flowerphotography #instaflower
ヒヨドリバナ(鵯花) は、日本各地に分布し、林道の脇、草原や渓流沿いなどの日当たりの良い場所に生育する(写真は庭園外周の斜面に自生している)、キク科の多年草です。 同属のヨツバヒヨドリやフジバカマと花がよく似ていますが、ヨツバヒヨドリは4枚(3〜5枚)の葉が輪生し、フジバカマの葉は3裂し、ヒヨドリバナの葉は裂けずに対生するというように、葉の付き方で見分けられます。 ヒヨドリが鳴く頃に開花することが名前の由来です。  #ヒヨドリバナ #鵯花 #三渓園 #eupatoriummakinoi #flowerphotography #instaflower
ナンテンハギ(南天萩)別名フタバハギ(二葉萩)は、日本全土、中国、朝鮮半島、樺太、シベリア東部に分布し、林縁、道端に生育する(写真は日本庭園の下草として植栽されている)、マメ科の多年草です。 花が萩に似て、南天に似た葉の形状なのが名前の由来します。 別名フタバハギの名前は、小葉が2枚付くことに由来します。 多くのマメ科植物が、3枚葉、またはそれ以上の複葉が多いのに対して、2枚葉は極めて特徴的で覚え易いと思います。  #ナンテンハギ #南天萩 #タニワタシ #谷渡し #フタバハギ #二葉萩 #三渓園 #viciaunijuga #flowerphotography #instaflower
ツワブキ(石蕗、艶蕗)は、国内では、太平洋側は福島県以西、日本海側は石川県以西の本州、四国、九州、南西諸島に、国外では朝鮮半島、鬱陵島、済州島、中国東南部、台湾に分布し、海岸や海岸に近い山林などに生育する(写真は日本庭園の下草として植栽されている)、キク科の常緑多年草です。 「石蕗の花(つわのはな)」は、立冬(11月8日頃)〜大雪の前日(12月7日頃)の季語なので、少々開花が早過ぎる?  #ツワブキ #石蕗 #三渓園 #leopardplant  #greenleopardplant #farfugiumjaponicum  #flowerphotography #instaflower
フジバカマ(藤袴)は、中国原産の古い時代の帰化植物で、国内では本州、四国、九州に、国外では朝鮮半島、中国に分布し、河川敷や川岸などの時折攪乱される場所に生育する(写真は日本庭園の下草として植栽されている)、キク科の多年草です。 葉が3深裂するのが特徴で、ほとんど別の葉のように見えて、元はひとつの葉で、よく似たヒヨドリバナやヨツバヒヨドリなどと見分ける際のポイントです。 生草のままでは無香ですが、乾燥すると茎や葉に含まれるクマリン配糖体が加水分解されて、オルト・クマリン酸を生じて、桜餅の葉のような芳香を放ちます。 平安時代の女性は、この芳香を放つ水で髪を洗い、防虫剤、芳香剤、お茶などにも利用したそうです。  #フジバカマ #藤袴 #三渓園 #thoroughwort #eupatoriumjaponicum  #flowerphotography #instaflower
ススキ(芒、薄)別名カヤ(茅、萱)は、日本全土、及び国外では朝鮮半島、中国、台湾に分布し、日当たりの良い山野に生育する(写真は日本庭園の蓮池の前景として植栽されている)、イネ科の多年草です。 穂に近付いて観ると、花は既に終わり、穎果(えいか)に白い毛が生えて、種子が風で飛ばされるのを待っています。 幾度か野分が過ぎれば、穎果は全て飛ばされて枯れ尾花となり、吹く風は木枯らしにその名を変えます。  #ススキ #芒 #薄 #カヤ #茅 #萱 #オバナ #尾花 #三渓園 #miscanthussinensis #flowerphotography #instaflower
* * 前撮り📸 正直結婚式より楽しみにしてて、、笑 @ayako.bridalphotography  さん @wedding_luce さん に魔法かけてもらった✨✨ * 撮影データの一部を送っていただけました✨ 和装から🎍  え、これ私ですか?って写真ばっかり😭❤️ * 写真撮られたことなんて成人式の前撮り以来で心配だったけど、そんなの一瞬で忘れた!!笑 かわいい言ってもらえて調子のってました🤫笑  和装は三渓園!  一目見て気に入った色打掛着せてもらってヘアメイクもめちゃくちゃかわいくしてもらって…💓 * 全然乗り気じゃなかった旦那さまもいざ撮影が始まるとちゃんとポージングとかしてくれて! ほんとかっこよかった🥰  外で撮影して迷惑がられるかなぁって思ってたけど、* おめでとうー👏って言ってくれたり、無言でもにこにこ笑顔で見てくれたり、きれいだねーかわいいねーって言ってくれたり💕* 色打掛は海外の人もウェディングだってわかるみたいでCongratulations!って言って写真撮られた!笑  和装できてよかった💓 * * ******************* #前撮り #和装前撮り #色打掛#三渓園#横浜 #プレ花嫁#ちーむ1201#アクアテラス迎賓館新横浜 #プラコレ #farnyレポ #美人花嫁図鑑 #ゼクシィ2019#フォトプラ #フォトプラ花嫁
#三渓園#桜

Loading